読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【五日目】自転車で瀬戸内海を二周しました

 

8月12日

 

小雨。

f:id:pontapple:20150825194849j:plain

これから本降りになる予報。

しかも、自転車の前輪がパンクしていた。ツイてない

 

とりあえず、ホテルの近くに自転車屋さんがあったので開店するのを待つ。

朝ごはんを食べに行くことにした。

もちろん、うどん。

f:id:pontapple:20150825194756j:plain

早朝から開店している『さか枝』は40種類もの天ぷらが置いてある。

たまごの天ぷらが美味しそうだったので、それをトッピングに朝うどん。

f:id:pontapple:20150825194823j:plain

あっさりとした出汁で、すすっと食べられる。天ぷらは40種類すべて80円だ。

 

食べ終わってもまだ時間を持て余したので、市内観光をする。

f:id:pontapple:20150825194637j:plain

百十四銀行という、名前も建物もロックな地方銀行

 

エッジの効いている香川県庁。

f:id:pontapple:20150825194711j:plain

建物の中もアーティスティック。とても県庁らしくない

f:id:pontapple:20150825194720j:plain

広島平和記念資料館や国立代々木競技場、東京都庁を設計した丹下健三さんという人が作ったらしい。

 

ふらふらと見学していると、自転車屋さんの開店時間になった。

本当はタイヤごと替えなければならないらしいが、お金がないので応急処置だけ。

 

今日は近くの港からフェリーに乗って、直島という瀬戸内海に浮かぶ小さな島に行く予定。本当は小豆島などにも行きたかったが、雨のため断念。

船の時刻表を調べると、2時間ほど暇があったのでもう少し市内観光をする。

 

面白いものを探してぶらぶらしていると、シュッとしている建物を発見。

f:id:pontapple:20150825194906j:plain

今はもう閉鎖してしまった体育館。これも丹下健三さんが設計したらしい。

香川県ってうどんだけじゃないんだなと少し思ったけど、そんなことはなかった。今日の昼食もうどんに決まっている。

そろそろ普通のうどんに飽きてきたので、変化球に挑戦。

f:id:pontapple:20150825194932j:plain

『手打十段うどんバカ一代』は和製カルボナーラのような創作うどんで有名らしい。慣れてきた行列を並ぶ。

f:id:pontapple:20150825194956j:plain

これが和製カルボナーラこと、釜バターうどん。

バターのコクとモチモチの極太麺、まろやかな生卵とアクセントになる黒コショウ。大好きだ!

これで香川県にきてから4杯うどんを食べたが、どれも個性的で美味しかった。

ただ、もうしばらくうどんはいいや。体内うどん濃度120%

 

時間になったので、高松港からフェリーに乗る。

f:id:pontapple:20150825195051j:plain

この時は少し雨が止んでいた。チャンス

晴れていたら空も海もきれいな青なんだろうな。

f:id:pontapple:20150825195111j:plain

 直島の宮浦港に到着。

f:id:pontapple:20150825195439j:plain

玄関口からモダン。

直島は2010年に開催された瀬戸内国際芸術祭で中心となった島で、島全体が現代美術の聖地として世界中に知られている。

 

まず向かったのは、地中美術館

f:id:pontapple:20150825195235j:plain

瀬戸内の美しい景観を損ねないように建物全体が地中に埋没されているらしい。館内の撮影が禁止されていたので外観だけ。

安藤忠雄さんという人が設計した建物内に、印象派を代表する画家であるクロード・モネの作品などが展示されていた。

 

次に向かったのは、ベネッセハウスミュージアム。

f:id:pontapple:20150825195356j:plain

またまた館内撮影は禁止だったので、写真はない。でも、ここはすごい良かった。

ブルース・ナウマンさんのネオンを用いた作品、『100生きて死ね』やジョナサン・ボロフスキーさんの作品、『3人のおしゃべりする人』はずっと見ていたかった。

雨が強くなってきたが、屋外にも作品があるらしいので行ってみる。

f:id:pontapple:20150825195414j:plain

雨と海と黄色いカボチャ。嗚呼、アート!

 

直島にはもう一つ美術館があったり、『家プロジェクト』という古い家屋や神社など空間そのものを作品化したアートプロジェクトがあるらしいのだが、雨がヤバいので諦める。小豆島にも行けなかったし、本当に天気なんなの!

 

とりあえず、アートな銭湯があるらしいのでお風呂に入りながら今後の方針を決めようと思った。

f:id:pontapple:20150825195446j:plain

宮浦港の近くにアートな銭湯、『I♡湯』があった。

外観も相当イケているが、浴場もすごかった。なんていうんだろう、ファンキーだ!

 

お湯に浸かりながら、明日どうするか考える。考えて、おじいちゃんの家に帰ることに決めた。

小豆島や豊島、犬島といった瀬戸内海の島々を巡りたい気持ち49%。そろそろ疲れたなという気持ち51%。激しい戦いだった

 

なので、宮浦港からフェリーに乗って宇野港へ。そこから、とりあえず電車に乗って岡山駅に行く。

f:id:pontapple:20150825195455j:plain

最後の輪行。自転車旅と銘打っているのに電車での移動が多すぎたかな。

 

岡山駅に到着。

f:id:pontapple:20150825195542j:plain

夜ご飯に岡山名物、デミカツ丼を食べに行く。

f:id:pontapple:20150825195537j:plain

ラーメンとセット。デミカツ丼は、洋風カツ丼な味。

 

山陽本線に乗っておじいちゃんの家がある三原駅に行く。

東京行きの新幹線の切符を四日後に予約しているので、それまでカントリーライフを楽しもうかな。

今回の瀬戸内海を自転車で一周する旅は、計画がゆるゆるで大分困った。だけど、色んな人に助けられて大成功した。

本当にみんな良い人すぎて、アツい気持ち。

 

ありがとうございました!