読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベッドタウン・ボウイ

Twitter(@pontapple)、Instagram(pontapple)もフォローしてね

広尾で座禅『香林院』

出かけたこと。

 

座禅を組むと、世界が変わるかもしれない。そんなことを考えて、久しぶりに朝活をしてみた。

朝座禅会を催しているお寺が広尾にあるらしい。広尾駅から徒歩3分、『香林院』だ。

f:id:pontapple:20151016140754j:plain

開門する午前7時前になると、座禅を組みに来た人が集まり始める。

参加者の顔ぶれは様々。若い人が多く、外国人もチラホラといた。

 

中に入ると、すでに座布団が敷かれている。座っていると、ご住職の金嶽宗信さんが座布団の上で結跏趺坐を組み鐘を鳴らす。これが、開始の合図だ。

25分×2回。雑念があると警策で肩を叩かれるイメージだったが、非常に穏やか。

初心者でも、『朝座禅のやり方』というプリントが配布されるので心配ない。

 

僕は煩悩を一つでも減らそうと、頑張った。頑張ったけど、何度かコクンとしてしまった。まだまだ修行が足りない。

しかし、頭と心をからっぽにしようとすることは楽しい。多忙を極める大学生活を送っている訳ではないが、なんだかんだ悩み事はたくさん。

でも、からっぽになっちゃったから楽しくなってきた。

 

座禅会の後は、隣室でお茶を飲みながら歓談タイム。

ご住職は12歳で出家して、ドラマや映画の監修も経験したことがあるそうだ。様々な面白い経験談をたくさん伺った。

 

『香林院』では平日7時から、日曜日は17時から朝の座禅会を開催している。

いつもと違う朝や休日を迎えたい人は、ぜひ足を運んでみてほしい。

煩悩が減れば、見える世界が変わる、かも。