読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悔しかったこと

 

僕は今、車の免許を取るために教習所に通っている。

といっても、もう三ヶ月以上行ってない。仮免許の筆記試験で足踏みをしているのだ。

 

教習所に行かないと、毎月のように来校を催促するハガキが家に届く。何通ものハガキで催促されると、さすがに観念してしまう。

いつかは行かなければならないのだ。

 

教習所から僕の家の近くまでシャトルバスが運行している。12時36分にバスが来るので、35分くらいにはバス停にいる。

今日は何だか暖かい。ポカポカとバスを待つ。

だが、時間になってもバスが来ない。特に道路が渋滞している様子はないが、何らかの事情で遅れているのだろうと少し待つ。

5分経ってもバスが来ない。

最後にシャトルバスに乗ったのが7月の前半だから、ダイヤが変わってしまったのだろうか。もう少し待つ。

10分経ってもバスが来ない。

流石に苛立ち始めて、ロンドンの地下鉄かよと心のなかでつまらない悪態をつく。(ロンドンに行ったことはない)

暇なので、バス停が見える位置にあるコンビニで雑誌を立ち読みする。

ラーメンWalkerやNumberを読み終わり、HanakoやCLUELといった女性誌までをも読破した頃。すでに1時間は経っていたと思うが、まだバスは来ない。

とりあえず、スマホで教習所のホームページを確認する。

 

今日は休校日だった。悔しい