読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

STAR WARS 3を観た

 

前作を観てから二週間経った『STAR WARS

途中までしか観ていないエピソード2はひとまず置いといて、TSUTAYAでエピソード3をレンタルした。

f:id:pontapple:20151124002328j:plain

確か、前作はドゥークー伯爵とヨーダのバトルシーンまで観た気がする。

エピソード3はいきなり宇宙戦争から始まり、ドゥークー伯爵とオビ=ワン・アナキンのコンビとのバトルだった。恐らく、あのときヨーダはドゥークー伯爵に勝てなかったのだろう。

 

よくわからないまま、つらつらとストーリーは進む。ドゥークー伯爵は結局アナキンに討たれ、分離主義者のリーダー格であるグリーヴァス将軍との戦いになる。グリーヴァス将軍はライトセーバーを四刀流で操るので、オビ=ワンと剣を交えるシーンは目がチカチカして仕方がなかった。

 

そして、またつらつらとストーリーが進み、なんとアナキンがダークサイドに墜ちてしまう。なってこった

しかも、闇墜ちしたアナキンこそがペプシのおまけキーホルダーでおなじみ、あのダースベイダーだったのだ。なんてこった!

 

ストーリーの終盤、オビ=ワンはジェダイの使命としてシスであるダースベイダーと活火山の星で戦う。少年期(エピソード1)からアナキンの成長をずっと見守ってきた僕はもう、悲しくて悲しくて。

 

結局、オビ=ワンはアナキンであるダースベイダーとの戦いに勝利して、その地を後にする。しかし、死んだと思われていたダースベイダーはシスの仲間に助けられ、治療を受ける。

 

あとは、なんかアナキンとパドメとの間に双子の子供ができていたり、死んだはずのオビ=ワンの師クワイ=ガンが復活するかもってなったりして終わり。伏線っぽいのがたくさん張られてた。

 

エピソード4からは30年以上前に作られた作品なので、今までのようにCGを使ったド迫力アクションシーンには期待ができないらしい。まあでも『ダースベイダーのこれからにこうご期待! 』って言われたら、観るしかないよなぁ。