ベッドタウン・ボウイ

渋谷から田園都市線で20分の郊外に住む大学生日記。

ぶらり青春18きっぷの旅 中編(福岡県-佐賀県-長崎県)

 

1月4日

今日は、長崎市内のゲストハウスを予約したので長崎県へ。

世界遺産に登録された軍艦島に行きたかったけど、調べるとツアーを予約しないと行けないらしい。当然、ツアーは満席で断念。

 

とりあえず、長崎駅を目指してゆるゆると出発する。

f:id:pontapple:20160109145113j:plain

昨日は天神駅から歩いて友達の家に向かったけど、今日はバスで博多駅まで行く。

ここから長崎駅までは4時間くらい。

f:id:pontapple:20160109145215j:plain

電車内の座席もベンチシートから少しリッチなボックスシートになっていて最高。

 

せっかく乗り降り自由の青春18きっぷを使って旅行をしているので、いくつかの駅で途中下車をしてみる。

 

まずは、佐賀県武雄温泉駅

名前の通り、徒歩10分のところに温泉街がある。約1200年もの歴史を持ち、芸能人もお忍びで訪れるほど人気らしいが、今回の目的地は少し違う。

ここには、最近色んな意味で有名な『ツタヤ図書館』こと武雄市図書館がある。

スターバックスTSUTAYAが併設され、年中無休のこの図書館は『新しい図書館のカタチ』として注目されているので、一度行ってみたかった。

f:id:pontapple:20160109145126j:plain

TSUTAYAを展開するCCCという民間企業が運営する武雄市図書館は、行政の運営では絶対にできない演出を随所に光らせていた。平たく言うと、めちゃくちゃオシャレな図書館!

 

館内撮影は禁止。そのため、この図書館のオシャレさを100%伝えることが難しいが、似ているのは代官山の蔦屋書店。

スターバックスで購入したコーヒーを飲みながら本を閲覧することができたり、テラス席があったりと、もうひたすらにオシャレだった。

もちろん、市の図書館らしく全ての人が利用しやすい環境が整えられていたので、おじいちゃんから小さな子供までたくさんの人が利用していた。

 

貸出カードにTポイントカードとしての機能が付いていることや昨年の夏に指摘された選書精度の低さなどで課題も多く抱える武雄市図書館。

でも、実際に利用してみると『あったら良いな』をカタチにした、従来の図書館にはない魅力がたくさんあり、毎日でも足を運びたくなる図書館だった。 

f:id:pontapple:20160109145201j:plain

お土産代わりに貸出カードを作った。絶対にまた行きたい!

 

次に降りたのは佐世保駅

ちょうど昼時だったので、有名なご当地グルメ佐世保バーガーを食べようと思った。

 

行ったのは、駅から降りてすぐの商業施設内にある『ハンバーガーショップ ヒカリ』。超有名店なので、超行列。さらに、佐世保バーガーはオーダーが入ってからひとつひとつ手作りされるので待ち時間が結構ある。

f:id:pontapple:20160109145234j:plain

結局、1時間ほど待ったが、ウマい。

待った甲斐があったと思うウマさとハンバーガーの大きさ! チーズや玉子、ベーコンなどがトッピングされた本当に豪華でジャンボなハンバーガーだった。

 

デザートに『レストラン蜂の家』で、こちらもご当地グルメのシュークリームを食べる。

f:id:pontapple:20160109145244j:plain

戦後しばらく甘いものが少なかった時代に、米軍在住の街だった佐世保では、他では入手困難だった砂糖やフルーツなどの食材が流通していたという。

カスタードクリームにバナナや焼きリンゴなどが入っていて、甘いスカッチソースをかけて食べるデザート。美味しすぎる

 

佐世保の街を食べ尽くし、そろそろ長崎市内へ。

f:id:pontapple:20160112195624j:plain

長崎駅に到着したのは夕方くらいで、夜ごはんには少し早かったので『1000万ドルの夜景』を観ることができる稲佐山に登った。

 

登るといっても、山頂の展望台までバスに乗っているだけ。

f:id:pontapple:20160109145317j:plain

2012年10月にモナコ・香港とともに世界新三大夜景に選出された夜景は、残念ながら雨と霧の影響でハッキリと観ることができなかった。空気中のチリが少ない雨上がりが狙い目だっただけに悔しかったが、それでも絶景だった!

 

下山後は夜ごはんを食べに行く。ちゃんぽんや皿うどん卓袱料理トルコライスと名物グルメがたくさんある長崎市内なのでお店に迷う。

ちょっとディープな味を楽しみたかったので、まずは地元民からおすすめされた『雲龍亭』に行ってみる。

 

ここは、長崎名物のひとつに数えられている一口餃子が有名。

f:id:pontapple:20160109145414j:plain

一口で食べられるコロコロの餃子は絶品! 皮はカリッとしていて、中はジューシー。食べだしたら止まらないタイプの餃子だった。

店主や働いているスタッフの方も気さくで、長崎の穴場スポットをたくさん教えてもらった。

 

二軒目はすぐ近く『思案橋ラーメン』へ。『バクダンラーメン』という名物料理があるらしい。

店に入ると、カウンターでおでんが煮てあったのでひとまず注文。

f:id:pontapple:20160109145458j:plain

見た目に反して、味はあっさり。定番ネタ以外にもオリジナルなメニューがあって楽しい。

良い感じにお腹が膨れてきたので、シメに『バクダンラーメン』を注文。

f:id:pontapple:20160109145451j:plain

長崎でちゃんぽんではなく、ラーメンというのが良い。バクダンとは、ラーメン二郎顔負けなほどトッピングされたニンニクの塊を指すらしい。

明日のことを考えなければ、もう一杯は食べたいクセになる味!

 

ほろ酔いで気分が良くなり、予約していたゲストハウスまで豪華にタクシーを使う。

f:id:pontapple:20160109145509j:plain

とりあえず、寝る。

 

おやすみなさい