読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶらり青春18きっぷの旅 後編(長崎県-福岡県)

 

1月5日

今回は『ゲストハウス長崎』のドミトリーに宿泊した。

f:id:pontapple:20160115131753j:plain

共用リビングにはコタツがある。僕のほかに、スペイン人とフランス人のカップル、日本人女性が泊まっていた。

オーナーは以前、東京で働いていた方で気さくな良い人。長崎市内のオススメ観光ルートや旅行情報誌には載っていないディープなグルメをたくさん教えてもらった。

 

昼前までゲストハウスでだらだらして、長崎市内の観光に出かける。

まずは、歩いて平和公園へ。

f:id:pontapple:20160114145740j:plain

長崎に行ったらここは外せない気がする。

 

出発が遅かったので、すぐにお昼ごはんの時間になった。

九州黒毛和牛のなかでも希少といわれる長崎和牛を食べに、ゲストハウスのオーナーに教えてもらったお店に向かう。

f:id:pontapple:20160114145804j:plain

そこは、なんとJA会館! 普通の観光ではまず行かない、農協の食堂が超穴場らしいのだ!

 

ここでは『肉の芸術品』の異名を持ち、内閣総理大臣賞も受賞している最高品質の長崎和牛を驚きの価格で食べられる。

f:id:pontapple:20160114145824j:plain

注文したのは長崎和牛を使った焼肉定食。なんと、1080円! コスパが最強すぎた

 

焼肉定食を食べて満腹だったが、絶対に行きたいお店があった。だから、お腹を空かせるために走って次のお店に行く。

f:id:pontapple:20160114145830j:plain

そこは以前、バックパッカーの友達にオススメされていた『吉宗』という老舗料理店。

店頭の赤提灯がシンボルで、時代を感じさせる風格ある店構え。

 

看板メニューは茶碗蒸しと蒸寿し。昔からお祝いの席で食べらることが多く、創業当時から看板メニューとして地元で親しまれているらしい。

走ってみたけど、さすがに二つは食べられないので今回は茶碗蒸しを食べる。

f:id:pontapple:20160114145847j:plain

運ばれてきたのは、普通の茶碗蒸しの倍はある小丼サイズ! 直径は13cmくらいで、メチャクチャ大きい。

玉子のなめらかな舌ざわりとカツオと昆布のだしが利いたやさしい味。具だくさんで、穴子やエビ、かしわ、シイタケ、銀杏、タケノコ、かまぼこなどが入っている。

少し前までお腹がいっぱいだったけど、つるりと食べられた! デブの発想だけど、デザートにちょうど良いかも。

 

午後は、ポツポツと雨が降ってきたけど長崎観光の王道、グラバー園へ。

国指定の重要文化財である旧グラバー住宅を始め、日本の伝統的な建築技術と西洋の技術が融合した9つの洋風住宅を見学することができる。

f:id:pontapple:20160114150513j:plainf:id:pontapple:20160114150230j:plain

ただの家だと思っていたけど、以外と楽しめる。雰囲気的にはアトラクションのないディズニーシー。

庭には美しい花々が咲き誇っていたので、晴れていたらテイクアウトしたKFCのフライドチキンをベンチで食べたかった。ほのぼのとした空間

 

グラバー園の次に向かったのは、世界遺産の声高い大浦天主堂

f:id:pontapple:20160114151013j:plain

日本最古の木造教会として国宝に指定されているこの教会は、日本洋風建築の代表的な構造物。

2016年の世界遺産候補にも挙げられているので、今長崎で最もアツい観光名所なのだ。

f:id:pontapple:20160114151029j:plain

内部は天井の造りや正面の主祭壇奥に掲げられたステンドグラスなど、見どころがたくさん。

会衆席に座ることもできるので、入場口でもらえるステキなパンフレットをじっくり読みながら当時の空気に想いを馳せることができる。

 

長崎新地中華街や出島、坂本龍馬ゆかりの風頭周辺など、たくさん巡りたい観光名所がたくさんあったが、いよいよ雨が本降りになってきたので断念……。

明日、福岡空港から飛行機で自宅に帰るので、青春18きっぷを使って今日も福岡の友達の家に泊めてもらう。

 

まだ軍艦島に行けていないし、グルメもまだ食べつくしてはいないので、長崎は絶対にもう一度訪れたい!

 

1月6日

夜遅くの便で帰宅するので、友人宅で昼過ぎまでゴロゴロしていた。

昼ごはんは、豚骨ラーメンの原点として有名な『元祖 長浜屋』に行った。

f:id:pontapple:20160114151506j:plain

メニューは一種類のみで、入口で食券を購入して麺の固さを告げればオーダー完了。

博多ラーメンならではの替え玉はもちろんのこと、替え肉なんていうユニークなシステムもある。

豚骨ベースの白濁としたスープと極細ストレート麺は、どハマり必至! 完食後は替え玉、替え肉を注文して博多ラーメンを満喫。

 

ちなみに『元祖 長浜屋』の周辺には名前の似たラーメン店が多数。

f:id:pontapple:20160114151513j:plainf:id:pontapple:20160114151525j:plainf:id:pontapple:20160114151519j:plainf:id:pontapple:20160114151459j:plain

最後が本物。

『元祖 長浜屋台』『元祖 長浜家(や)』『元祖 長浜家(け)』と、ケンカにならないのか心配になる。

 

夜ごはんは、開店前から順番待ちの列ができる焼鳥の人気店『かわや 警固店』に行った。

名物は『とりかわ』で、焼鳥好きの福岡県民がこよなく愛する部位らしい。

f:id:pontapple:20160114151538j:plain

タレを付け、焼いては乾燥させることを何度も繰り返すことで余分な脂が落ち、旨みとコラーゲンが凝縮されるという。

外はカリッと香ばしく、噛むとジュワッと適度な脂と甘辛いタレが口いっぱいに広がるので最高に美味しい。福岡旅行に行ったら、ぜひ一度は食べてほしい一品!

 

二軒目は福岡での最大のお楽しみ、屋台!

f:id:pontapple:20160114151553j:plain

中洲の博多川沿いに並ぶ屋台は圧巻で、ネオンが幻想的。

キャッチのおにいさんに連れられて入った屋台は、当たり前だけど普通の居酒屋とは違い、窮屈で熱気がすごい。でも、店主や客同士の距離が近いので一体感を楽しめる! 

f:id:pontapple:20160114151559j:plain

もちもちの水餃子をアテに店主オススメの清酒で旅を締めくくる。

 

【旅を終えて】

思い返してみれば、食べてばかりの旅行だった。帰ったらダイエットを頑張ろうと思う。

今回は交通費が青春18きっぷで大分浮いたので、その分を食費や遊ぶお金に回すことができた! ぜひ、日本国内の旅行を考えている方は鈍行列車での旅も視野に入れてほしい。