ベッドタウン・ボウイ

渋谷から田園都市線で20分の郊外に住む大学生日記。

ゆるゆるバックパッカー東南アジア一人旅 まとめ&ルート・費用編

 

◆はじめに

f:id:pontapple:20160322234437j:plain

バイト先の近くにあるタイ料理屋さんでエスニック料理にハマり、春休みの大学生あるある東南アジア一人旅をしてきた。

海外でのバックパッカー旅行は初めてで語学力は英検3級レベルだけど、とっても楽しい旅行だった!

 

期間は3月1日から20日まで。

10万円くらい持ってたらなんとかなるかな~なんて思いながら計画も立てず、行きと帰りの航空券だけ買って出発。

本当はタイを起点に東南アジアをグルリと一周したかったけど、時間と予算の都合でカンボジアを除く三ヵ国(タイ・ラオスベトナム)を訪問することになった。

 

無計画な分自由に旅行できたが、やっぱりある程度は行きたいところに目星をつけておく必要があった。

そこで、今回の東南アジア一人旅をルート・費用編、持ち物編、各国のレポート編に分けて紹介!

これから東南アジアを旅しようと思っている方は、ぜひ参考にして欲しい。

 

◆ルート

【滞在日数】20日

【国】タイ・ラオスベトナム

【都市】11都市

【ルート】

日本関西国際空港(羽田より安いからね)

タイバンコク(とアユタヤー)→チェンマイ

ラオス・フアイサーイ→パークベン→ルアンパバーン→バンビエン→ビエンチャン

ベトナム・ダナン(とホイアン)→ホーチミン

日本羽田空港

※マイマップの仕様で表現できないが、フアイサーイからルアンパバーンは川ルート。

 

行き先について

f:id:pontapple:20160329214403j:plain

パッタイが食べたいなぁなんて思いながらタイの空港に到着したから、旅行のルートについて本当に何も考えていなかった。

結果的にこの無計画さで行き当たりばったりの旅になりカンボジアに行けなかったので、事前にアバウトなスケジュールくらい考えておいた方が良い。

 

とはいえ、移動手段の手配でゴタゴタすることはよくあるし、予定をガチガチに固めすぎると旅先で作った友達と遊ぶ~なんてこともできなくなるし。

難しいけど、バランスが大事!

 

僕は東南アジアに着いた初日に泊まったゲストハウスで一周してきて明日帰国するという日本人に出会えたので、その人のルートを参考にして行き先を考えた。

どこのゲストハウスにもだいたいベテランバックパッカーはいるので、オススメの観光地や美味しいレストランなどを教えてもらおう。

 

移動手段について

f:id:pontapple:20160322231929j:plain

陸路は時間がかかる分、安い! 長距離の移動でも1000円~3000円くらい。時間がある人や移動時間を楽しみたいという人にオススメ。

逆に空路は5000円~と値段は張るものの、陸路の十分の一ほどの時間で目的地にたどり着くことができる。

 

僕は寝台列車とバス、ボートを使って東南アジア内を移動。

車窓から見える風景を眺めたり、隣に座る人との会話があったりと、長時間の移動に飽きることはなかった。

 

長距離移動をするときの乗車券はガイドブックで駅やバスターミナルを調べて直接買いに行った。観光で行くような都市の駅窓口ではだいたい英語が通じるので、行きたい場所を連呼していれば何とかなる。

乗り物の時刻表などが事前に分かっていれば当日に乗車券を買いに行っても大丈夫だが、まず無理なので前日以前に購入したい。

 

近場の移動は基本的に徒歩。都市によって路線バスやトゥクトゥク、バイクタクシーなどさまざまな交通手段があるので各国のレポート編で紹介する。

 

◆費用

【現地で使ったお金】76,794円

【一日の平均出費】4,041.8円

(タイ) 3,367.3円

(ラオス) 5,171.4円

(ベトナム) 3,398.3円

※1バーツ=3.2円、1キップ=0.0013円、1ドン=0.005円で計算

 

【それ以外で使ったお金】114,648円+α

(行き航空券) 15,340円

(大阪までのバス) 4,500円

(帰り航空券) 36,068円

(海外旅行保険) 6,740円

(予防接種) 36,000円

(パスポートの更新) 16,000円

(足りない持ち物を買ったりなんだり)+α

 

【総額】191,442円+α

 

改めて使ったお金を計算してみるとヤバい。

分かっているだけでも19万円はこの旅行のために使っていて、新しいサンダルを買ったり足りない生活用品を買ったりで恐らく20万円以上は飛んでいったと思う。

全然10万円じゃ足りなかった!

 

物価が安い現地での出費は平均して一日4000円ほど。

一泊1000円以下のゲストハウスに泊まって、ごはんも屋台で食べれば一食100円程度だけど観光費やお酒、交通費、お土産など気を抜けばいくらでも使ってしまう。

色んなバックパッカーのブログを見ていると一日当たり2000円前後で旅をしているみたいなので、次からはもうちょっと節約したい。

 

面白いのが、現地での出費以上に日本での準備費が高くなったこと。

航空券は最安値で探したけど往復5万円ちょっと。こればかりは仕方がないんだけど、念のための海外旅行保険と予防接種で約4万円。パスポートの期限が切れていたので、更新費用が1万6千円。

合計すると10万円以上使ってる!

 

まあ、バックパッカー旅行だけど貧乏旅にこだわらず、自分の好きなことを好きなだけやって美味しいものが食べれたら良いなと最初から考えていたので、こんなもんかなとも思う。

 

◆持ち物

pontapple.hatenablog.jp

 

◆各国のレポート

タイ

pontapple.hatenablog.jp

pontapple.hatenablog.jp

 

ラオス

pontapple.hatenablog.jp

 

ベトナム

pontapple.hatenablog.jp

 

◆おわりに

移動時間を含めて二十日間、東南アジアをほぼ一周してきた。

貧乏旅とは到底呼べないほどお金を使ってるし、どこも短い滞在期間だったし『ほぼ』なんいってるくらいだから中途半端に終わった東南アジア一周旅行だったけど、楽しく刺激的な毎日を送ることができた。

 

圧倒的成長があったとか人生のターニングポイントが見つかったとかいうわけではないんだけど、実感として一皮むけたなとか一回りスケールが大きくなった気はする。

いや、本当に一皮の1は1mmにも満たないし、一回りの1も1㎟くらいなんだけど、二十日前より、ちょっぴりなんか変わった気がする。

 

例えば、新宿の歌舞伎町を堂々と歩けるようになった。

異国の地にぼっちという、毎日がチャレンジの環境に身を置いたことで、とりあえずやってみよう精神が身に付く。一見カオスでマズそうな屋台料理でも、お腹が空いたらそれを食べなければならないし、意外とイケる。

 

やってみたら意外となんとかなるんですよ。

オケラだってアメンボだって、歌舞伎町だって行ってみたら思ってたより楽しかったんですよ。キャッチのお兄さんとか敵でしかないと思ってたけど、話してみたらすごい良い人じゃん。

あと、おっぱぶメッチャええやんけ。うそうそ、おっぱぶはうそうそ。

 

(おわり)