読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベッドタウン・ボウイ

Twitter(@pontapple)、Instagram(pontapple)もフォローしてね

ゆるゆるバックパッカー東南アジア一人旅 持ち物編

ゆるゆるバックパッカー東南アジア一人旅 出かけたこと。

 

◆持ち物

f:id:pontapple:20160324223656j:plain

バックパッカー旅行の鉄則は身軽な荷物。

この記事では、本当に必要な荷物と経験から分かったいらなかったもの、オススメの便利グッズなどを紹介しながら東南アジア一人旅20日分の持ち物を大公開!

 

バック

f:id:pontapple:20160324230812j:plain

・30〜45L? バックパック

・ボディバック

・30〜45L用レインカバー

 

バックパックの容量が分からないのは、古着屋で買ったから。年代物すぎて大きさが分からない! 30〜45L用レインカバーにちょうど良く収まったので、それくらいの大きさだと思う。

一応、Air Asiaの機内持ち込み手荷物の大きさ制限(56cm×36cm×23cm)はクリアしたので、追加料金が発生する受託手荷物にならなかった。LCCの受託手荷物はお金がかかるから注意! また、機内持ち込み手荷物には重量制限(7kg)もあるので気をつけたい。

 

メインのバックパックに服や生活用品を入れて、サブのボディバックにはカメラやガイドブックなど使用頻度の高いものを入れていた。

 

レインカバーは雨が降ったら必要かなと思って買ってみたけど、3月の東南アジアは雨の降らない時期で使うことは一度もなかった。バックパックに常時レインカバーを被せて防犯対策している人もいるみたいだけど、面倒くさいのでやらなかった。

 

f:id:pontapple:20160324233326j:plain

・4桁ダイヤル式ワイヤーロック×2

・長めのワイヤー

カラビナ

 

レインカバーでの防犯対策こそしなかったが、施錠くらいはキチンとしてみた。ダイヤル式のワイヤーロックは鍵をなくす心配がないので便利。

 

バックパックをゲストハウスや移動で乗り物に預けるときは、ダブルジップ部分にカチリと施錠。

長めのワイヤーがあると荷物を固定物にくくり付けることができるので安心! バスターミナルでチケットを買うときなど、重たいバックパックをベンチに置くことができたので、とても重宝した。

 

カラビナはバックパックに装着して、飲み物とトイレットペーパーが入った小さなビニール袋をつり下げていた。何かと便利なアイテム!

 

貴重品

f:id:pontapple:20160324234824j:plain

・財布×2(日本円・現地通貨・クレジットカード・国際キャッシュカード)

・パスポート

・チケットホルダー(パスポートのコピー・クレジットカードのコピー・証明写真)

 

その日使うお金とクレジットカードは普段使いの小さい財布に入れて、ボディバックで持ち歩いていた。大きい財布は両替用の日本円と国際キャッシュカードを入れてバックパックの奥底に眠らせておいた。

国際キャッシュカードがあると、たくさんのお金を持ち歩かなくて良いので少し安心する。ただし、東南アジアのATM手数料は高い。本当に高い!

 

パスポートは日常生活で提出する場面がチラホラとあるので、持ち歩くことをオススメする。というか、タイとかだと外国人はパスポートの携帯義務があるんじゃなかったっけ。提示を求められたことなんてないけどサ

 

日本の100円ショップで購入したチケットホルダーには、大切な書類を入れてバックパックで保管。パスポートやクレジットカードのコピーは本物を紛失したときに便利だし、証明写真は現地でビザの取得をするために必要だ。

ちなみに、東南アジアのなかではミャンマーカンボジアでビザが必要となる。

 

生活用品

f:id:pontapple:20160326180855j:plain

・フェイスタオル×2 ・セームタオル

・トイレットペーパー ・ティッシュ

・ウェットティッシュ ・汗拭きシート

・リップクリーム ・マスク

・絆創膏 ・日焼け止めクリーム

・虫除けスプレー ・虫刺され薬

・シャンプー ・洗顔料

・石けん ・化粧水

・歯磨きセット ・アイマス

コンタクトレンズ ・眼鏡

 

日本ブランドを信じて生活用品をたくさん持っていったけど、あって良かったと思うのはトイレットペーパーとおてふき用のウェットティッシュくらい。東南アジアのトイレには紙がないことが多い。

実は現地でもそれなりの品質のものは手に入る。荷物が多いと思ったら、ここから減らしてみよう!

 

医薬品

f:id:pontapple:20160326180910j:plain

・下痢止め薬

・胃薬

・酔い止め薬

・目薬

 

一番飲んだのは下痢止め薬。旅の後半はずっとお腹が痛くて服用していたけど、帰国するまで腹痛には悩まされたので効果はなかったのかもしれない。

 

長距離バスでの移動を考えている人は酔い止め薬があると良いかも。悪路を走る東南アジアのバスは移動中ずっと震度6状態なので、普段は車酔いしないという人もお守り代わりにどうぞ。

 

衣類

f:id:pontapple:20160326180924j:plain

・半袖トップス×3

・半ズボン(水着)×2

・長袖Tシャツ

・ポケッタブルレインジャケット

・パンツ×3

・靴下

 

衣類は乾きやすい素材のものを3日分くらい持っていけばOK。全て圧縮袋に入れて、コンパクトに持ち運ぼう。

また、半ズボンの一枚は水着で代用してかさばる衣類をなるべく少なくした。

 

3月の東南アジアは日中30℃近くまで気温が上がるので、普段着は半袖トップスと半ズボンで決まり! 意外と北部の朝晩は冷え込むので、一枚は長袖のTシャツが欲しい。

僕は寒いとき、レインジャケットを防寒着代わりにして長袖Tシャツの上に着ていた。

 

持っていけば良かったなぁと思うのは、ユニクロのウルトラライトダウンジャケット。現地で会った日本人に貸してもらったんだけど、軽い・薄い・温かい・安い! やっぱりユニクロはスゴいゾ!

 

サンダル

f:id:pontapple:20160326180931j:plain

・NEWPORT H2(KEEN)

 

今回のバックパッカー旅行はスニーカーを履いていかず、サンダル一つで移動した。

 

KEENのサンダルは14000円もしたんだけど、結果的に買って良かった。

ソールがしっかりとしていて足にぴったりとフィットするので、裸足で履いているのにスニーカーと同じ感覚。長距離を歩いても疲れることはなく、トレッキングにだってこのまま参加できた。もちろん、サンダルなのでこのまま海や川に入ることもできるし、汚くなったらガシガシ洗える! 超オススメ!

 

洗濯セット

f:id:pontapple:20160326180935j:plain

・洗濯用洗剤 50g

・洗濯ロープ

・洗濯ばさみ×8

・S字フック×2

 

手洗い洗濯はメチャクチャ大変で、僕は3日で諦めて洗濯屋さんにお願いしていた。洗濯機って偉大!

とはいえ、どこの国でも洗濯屋さんは1kg/約100円くらい。何回も利用していると結構な出費になるので、なるべく洗濯は自分でやりたい。

洗濯用洗剤は空のペットボトルに移し替えて持っていくのがバックパッカー流。液体だと機内持ち込みの制限に引っかかる恐れがあるので、粉末タイプが良い。白い粉だからパッと見麻薬みたいだけど、空港の保安検査場で引っかかることはなかった。

 

ちなみに、洗濯屋さんに頼むと色移りはザラだし、たまに紛失される。気になる人は注意!

 

S字フックは、洗濯用に持ってきたけど様々な場面で大活躍。

f:id:pontapple:20160326181036j:plain

写真のように床が汚くて荷物を置きたくないトイレの個室でフック代わりに使用したり、脱衣所のないシャワールームで衣類を引っ掛けたりと、とても助かった!

 

ガジェット

f:id:pontapple:20160326180943j:plain

iPhone

iPod

・イヤホン

・モバイルバッテリー

USBメモリ

・マルチタップ(電源・USB)

・海外用コンセント変換コネクター(C型)

・各種充電コード

・一眼レフカメラ(画像なし)

・ワイヤレスSDカードリーダー(画像なし)

 

ガジェット類は機内持ち込みの重量制限と戦う上で、最も手強いアイテムたち。だけど、平成に生きる僕たちにとって絶対に必要なアイテムなのでギリギリの取捨選択を迫られる。

今回はなくなく電子書籍を諦めたけど、頑張れば持っていけたかもしれないと後悔している。

 

反省点として、マルチタップと海外用コンセントト変換コネクターは必要なかった。一度に全てのガジェットが充電切れになることはないし、東南アジアのプラグは日本と変わらない。同じプラグの充電コードは一本にまとめるなど、工夫の仕方はたくさんあった。

 

カメラを持って行く人は、ワイヤレスSDカードリーダーがあるとPCがなくてもスマートフォン経由でクラウドに保存できたりバックアップ用のUSBにデータを保存することができる。旅先で作った友達にその場で撮った写真を送ることもできるのでオススメ!

 

ガイドブック・筆記用具

f:id:pontapple:20160326180959j:plainf:id:pontapple:20160328003155j:plain

・旅先のガイドブック

・ボールペン×2

・メモ帳

・日記帳

・養生テープ

 

ガイドブックは定番の『地球の歩き方』を使ったけど、バックパッカー向けの情報が少ないので、ネットと現地で仕入れる口コミを主な情報源に行動した。

とはいえ、この本に掲載されているレストランは外れないし、読み物として面白いので、重たいけどあって良かった。

 

日記は人それぞれだけど、帰国してから読み返すと楽しい! あと、一人旅は暇な時間が多いから、日記を書くのが暇つぶしになったりもする。

 

意外と使えたのが養生テープで、マスキングテープの代わりに使ったチケットを日記にスクラップしたり、バックパックが破れたときの応急措置に使ったりした。

 

便利グッズ

f:id:pontapple:20160326181020j:plain

・懐中電灯

・レジャーシート

 

ゲストハウスのドミトリーに宿泊するときは、夜になると電気が消えるので懐中電灯が必須になる。

f:id:pontapple:20160326181045j:plain

写真のように、どこかに固定できるタイプの懐中電灯が便利!

 

また、東南アジアは長時間の停電があることも少なくない。スマートフォンで良いじゃんって思うかもしれないけど、暗い中でシャワー浴びるときとか意外と懐中電灯は必要。

 

レジャーシートはマジでいらなかった。何のために持って行ったんだろう

 

◆まとめ

ブログを書くために改めてバックパックの中身を振り返ってみると、持っていく必要のない荷物ばかりだったなぁと再確認する。

 

最悪パスポートとクレジットカードだけあれば何とかなるし、それは言い過ぎにしても足りない物があったら現地で買えば良い。

出国前、必死に機内持ち込み手荷物の重量制限とバトルしていたあのときの自分に『何もいらんやで』と言ってあげたい。

 

とりあえずまとめると、持ち物は少なければ少ないほど快適なバックパッカー旅行を楽しめるゾ!