読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初めての選挙

 

僕、ハタチの大学生!

18歳選挙権解禁のせいで注目度は低いけど、私たち20歳も初めての選挙権。あんまり政治に興味がないし、選挙とか面白くもなんともないんだけど、一応ちゃんと投票はした方が良いらしい。

 

初めての選挙。なんとなく投票するならしないほうがマシだと思う。せっかく選挙に参加するなら勉強せねばと思い、とりあえず永田町に行ってみた。

なんで永田町に行ったかというと、まず『選挙とは』みたいなトコから分からなくて、なんか、華金の19時から平河町森タワーでそんな人向けのイベントが開催されていたのだ。

www.d21.co.jp

BLOGOSで記事になっていたり、NHKの取材が入ったりと思っていたよりもスゴいイベントだった。

 

ブロガー議員のおときた駿が、政治の基本のキから丁寧に教えてくれる。

f:id:pontapple:20160710225631j:plain

書こうと思っていたことがBLOGOSの記事に全部書いてあったからアレなんだけど、魚の釣り方、情報の取捨選択のやり方を学ぶことができた。

それでいうと、なんか最近はヤバいのね! BuzzFeed投票の参考になるサイトをまとめてくれているし、そのなかにあった朝日新聞の『候補者アンケート』や毎日新聞の『えらぼーと』を使ってみて、本当にネットはスゴいと思った。知ろうと思ったらすぐに知れるし、知ったかぶりもできる。ネットさいこう!!

 

そんなこんなで7月10日。一週間くらい漬けで得た付け焼刃の知識をもとに、自分の推しメンに投票してきた。

結果的に、自分なりに考えて考えて投票した清き一票は死票となってしまったけれど、初めての投票にしては(意味わかんないけど)なかなか良い滑り出しだったと思う。

この一週間で政治とか選挙にちょっと興味を持ったし、普段テレビをみないけど選挙特番って面白いんだねっていう発見もあった。特に、NHKTwitterデータの分析は面白い! 18歳選挙権が解禁されたんだなという感じがした。

あと、発見ついでに言うと、小泉新次郎ってカッコいいね!

 

で、今回思ったことは、なんとなく選挙に行くくらいなら行かない方がマシなんじゃないかなってことと、分からないからパンケーキを食べるのはカッコ悪いなということ。

なんとなく新聞や親に選挙に行けと言われて投票するとき、なんとなく知っているからという理由で大物やタレント政治家に票を入れるのは面白くない。選挙の面白さってやっぱり推しメンを作ることなんじゃないかなと思うし、そのためにはちょっぴり勉強しなきゃいけない。いや、誰に票を入れるとか実はどうでも良くて、自分で考えて行動することこそが大事なんだと思う。

あと、テレ朝の特番の街頭インタビューで、『(選挙よりも)パンケーキの方が大事』と言っている人がいて、そりゃあまあそうなんだし、僕だってパンケーキの方が好きだけども、うむむ! と思った。

候補者とか政策とか知らないし、自分の一票で日本が変わるわけじゃないと感じる気持ちは確かにある。だけど、それは全部を知って一周回ってきた賢者モードの人しか言える権利はなくて、僕たちはまずキチンと勉強しなくちゃいけないんだと思うよ。ズルい言葉だけど、自戒の念も込めて。ネットでサクサク情報が手に入る時代だしね!

 

とにかく、本当のこと言うと投票すると謎の優越感を感じるし、投票済証明書っていう一風堂箱根小涌園ユネッサンでサービスが受けられる券がもらえるから、選挙に行こう!