読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネット大好きマンの三連休

 

三連休が始まってから三日が経とうとしている。

三連休が始まってから三日間、1度も外に出ることはなかった。

 

行きたいところ、やりたいことはいくつかあった。

マイナスイオンがブッ出てそうな白神山地、POPEYEで紹介されていた茨城県のお弁当屋さん、大好きな『働きマン』の作者である安野モヨコさんの個展、サンドイッチとフルーツのソーダが美味しい渋谷のカフェ、昭和な香りがする世田谷線、『怒り』か『聲の形』、最悪何かのDVDを借りに近所のTSUTAYA

挙げてみればいくつかという言葉では余るほどの欲求があったはずなのに、どれもできなくてただベッドの上で72時間が過ぎ去っていった。 

よくイベントや旅行に行く写真をInstagramにアップして、『行動力があるんですぅ~』なんて言ってはみるものの、これが実態。これが本当の僕だ。

 

どうして僕の三連休はこうなった。

そもそも三連休に何を期待していた。

 

グズグズな天気が悪い、駅まで徒歩20分の家が悪い、付き合いの悪い友達が悪い。

言い訳なんていくらでもできる、だけどこれだけは言わせてほしい。

『ネットが悪い。』

悪い、悪すぎる。諸悪の根源だ。

 

僕のネットサーフィンはTwitterから始まる。朝遅くに起きてTLを巡回しながらポエムと1コマ漫画を流し見。面白そうなネットメディアの記事があればクリップする。TLが長くなければ更新を知らせるツイートから個人ブログに飛び、気に入ると過去記事を漁ってしまう。その後InstagramFeedlyをサクッとチェックして、午後は今年から始めたnoteとはてなのホットエントリをじっくり読む。たまにMixChannelも見てる、(可能であれば共学の)高校生になりたいと思いながら。

若者のSNS疲れなんてクソくらえ!!

 

うすうす感じていたけど僕はネット中毒なのかもしれない。

テレビ番組より新聞より雑誌より(雑誌は面白いのがたくさんあるけど)、ネットの方が面白い。『手軽で規模の小さいコンテンツだけ食べているとスケールの小さい人間になるゾ』なんて言われることもあるけど、それでもネットが好きだ。

テレビも見ない、新聞も読まない、雑誌も……いや雑誌は読むけど! 雑誌はネットと同じくらい好きだ!!

 

何の話をしてたのか忘れちゃったけど、とはいえ、くそぅ三連休を無駄にしたぁ~~。

『大学生の時間は一生戻ってこないから目一杯に楽しめよ! 』とか言われるたびに僕の心はチクリとしてしまう、というお話でした。