ことし面白かった雑誌をふたつ

 

今年も残すところあと二日。

12月からいよいよ始めた就活では『雑誌を年間200冊読んでます! 』なんて言ってみてはいるものの、面接官に『だから何! 』と返されてだんまりを決め込んでしまう僕です。

だから何なんて言われてしまえばそれまでですが、せっかくなので今年面白かった雑誌を二冊紹介しようと思います。

 

1.ケトル

まずは『ケトル  VOL.34』。12月号のEテレ特集です!

f:id:pontapple:20161230152819j:plain

僕は中学生くらいまでは熱心なテレビっ子だったのですが、高校生になり部活にアルバイトにと夢中になるものを見つけてからは(変な言い方だけど)1時間番組に自分の時間が1時間とられるのが嫌でテレビをほとんど見ていませんでした。

 

そんななか出会ったのが、ケトル12月号のEテレ特集。テレビを見ないなんて厨二チックな生活を送りながらも、たしかに『ドキュメント72時間』や『ニュースチェック11』、『プロフェッショナル 仕事の流儀』とチラチラ流し見をしていた番組はあります。

それらはすべて、いわゆる『1チャン』のNHK総合テレビですが、どうやら最近は『2チャン』のEテレNHK教育テレビ)がすごく攻めていて面白いらしい。つい、『つくってあそぼ』や『ピタゴラスイッチ』に夢中だった昔を思い出して買ってしまいました。

 

特集内容はEテレの知られざる歴史や過去の名作、注目番組の紹介。制作者・出演者へのインタビューをもとに、流し見をしているだけでは気づかなかった番組作りの情熱がほりほりと掘り下げられていたから『なるほど、Eテレ見てみよう』を連発!

 

特に読み応えがあったのは、長寿番組『きょうの料理』を取り上げた記事です。

25分で3品を紹介する料理番組にも関わらず『塩むすび』の作り方を15分もかけて解説した伝説の放送回。ふだん料理をしない僕でも1分とかからず作れるおにぎりを、なぜ15分かけて作ったのか。クックパッドでレシピを検索する今だからこそ伝えなければいけない『料理番組の使命』がそこにはあった……。

なんだか週刊誌の見出しみたいになってしまいましたが、この記事を読むためだけでもケトルの12月号は買いです。ぜったい!

 

2.Toss!

次に紹介したいのが『Toss! 』というライフスタイル誌。雑誌の紹介といいつつ、こちらは実はウェブメディア。毎週月曜日にLINEに届く縦スクロール型雑誌なのです!

f:id:pontapple:20161230183001j:image

ちょっと意味が分かりませんが僕もあまりよく分かっていません。おそらく実際に手に取っていただいた方が早いです。LINEのアプリで、その他→公式アカウント→『Toss! 』を検索→友達追加をするか、こちらを開いてみてください。すごく未来的……!

 

少し前にキュレーションメディアが大炎上して、日経では十把一絡げにネットメディア全体の信頼性が問われていましたが、最近のネットにはクソコンテンツが溢れていることも事実。少し話は逸れますが、昨夜ベッドの中で感動系CMにハマって久しぶりにYouTubeで色々探していたら、静止画にテキストだけ流れる動画が多すぎてキレてました。

 

その点、『Toss! 』はボリュームこそ5分で読めてしまうものの、キチンと作り手の熱量が感じられるウェブメディアです。しかも無料!

ちょうど先述のケトルにも少しだけ取り上げられていて、CLASSY. など遠すぎる紙メディアにもMERYのような若すぎるウェブメディアにも頼れない、ハザマ世代のアラサー女性の憧れになるメディアを目指しているそうです。

忙しいOLのクタクタ仕事終わりには5分で良いものをサクッと読める手軽さがグッドなんですね。

 

もちろん男性の僕も面白く、そしてうっとりとしながら読んでいます。しかし、それ以上にLINEが提供する新しい雑誌の読み方にワクワクしています。

たしかに、HOUYHNHNMやFeedlyで読むNYLON JAPANなど、紙の雑誌を読んでいるような宝探し感とウェブメディアならではのサクサク感を両立しているメディアはこれまでにもありました。でも、それがスマホ使用頻度1位のアプリ内で提供されていることが最高に素晴らしいのです。TwitterFacebookブイブイいわせているバイラルメディアのような感覚で雑誌が読めるのです。

 

『Toss! 』は本当にもっと話題にならないかなぁと思っています。

水面下で話題なのか、なぜだかググっても情報が全く出てこないのが惜しいところ。それでも頑張って調べたところ『Steal me! 』という似たようなメディアを見つけました。こちらもオススメです!

dマガジンの微妙さに裏切られ、ゴミ記事ばかり出すキュレーションメディアにモヤモヤが止まらず、やっぱり今日も重たい雑誌を持ち歩くのかと諦めていたときについに見つけた一縷の望み。早くPOPEYE的なイイカンジの男性向けメディアも出してほしい~~

 

まとめ

気づいたら、すごく長くなってしまいました。

2016年の面白かった雑誌を紹介する記事なのに、直近のものばかりになってしまいましたね。ごめんなさい

一応、候補として今年創刊した『MERY』やら『Maybe! 』やらを挙げようと思いましたが、記憶は新しい方が鮮明ということで。

 

(おしまい)