ベッドタウン・ボウイ

渋谷から田園都市線で20分の郊外に住む大学生日記。

小松菜奈を妬み憧れ、わが人生。

 

僕、今年で22歳になる平成7年生まれなんですよね。

大学にも通っていて、今は4年生。おかげさまで先月に就職活動を終えて、卒業までのあと半年は遊ぶぞぉ~~↑↑ って感じのすごく普通の大学生。

 

同じ7年生まれに、小松菜奈ちゃんという女優がいる。

テレビ・映画・雑誌と様々なメディアで活躍する、スーパー美少女の小松菜奈ちゃん。映画『沈黙 -サイレンス-』では、主人公のアンドリュー・ガーフィルドに瑞々しいキュウリを差し出す役でハリウッドデビューを果たした、みんな大好き小松菜奈ちゃん。

テレビで、映画で、雑誌で彼女を見るたびに僕はいつもこう思う。

 

小松菜奈になりたいなぁ。』

 

僕たち(※僕と小松菜奈)は、同じ星の下に生まれ同じだけの時間を過ごしてきたはずなのに、一方は親とバイト先と友達とを合わせてせいぜい100人くらいからしか存在を認知されていない名もなき一般人で、もう一方は日本人なら誰もが知る小松菜奈

 

これは、どういうことだ、ほんとうに。

小松菜奈小松菜奈になるための努力をこの20年余していたとすれば、僕は彼女になるための努力を全くしてこなかったのだから当然の結果であり、受け入れるしかない事実だ。

だけど、だけど。

 

せめて小松菜奈という存在に負けないものを何らかの形で社会に残せるようにと就職活動は頑張った。個の力で勝てないなら組織で勝負するしかないのでできるだけ影響力の大きい企業で働けるように、会社の力を借りていつか自分が小松菜奈と同じくらい社会に深い爪痕を残せるようにと、ガシガシ就活をした。

インターンシップに行って自己分析をしてOB訪問をしてエントリーシートを書いて面接をして、その甲斐あってようやくなんとかそういう会社に滑り込んだ。

春からワクワクピカピカいっちねんせい♪

だけども。

 

たまに自分の選んだ道、頑張らなかったこと、諦めた何か、いつまでも足りない勇気、そういうのを全部まとめてギュっとした『人生』みたいなやつが怖くなる。

平成7年生まれと言えばハヤカワ五味、山科ティナ、はましゃか、Tehu、マドジャス……いつもインターネットですごいなぁと拝見している人たち、それから『世界の服飾工場見てくるぜ! 』ってぴゅーっと世界一周してきちゃう人、『俺が世論だ』なんて言って逆に吹っ切れている人、『歌手になりたい』ってスクールに通って本当にテレビに出ちゃう人、もう他にもたくさんいるんだけど、そんな自分の友達たち。

いつまでも勝てねーーーと思っていて。

 

小松菜奈ちゃんとインターネットの人たちに関しては、話したこともなければ会ったこともない、いわば隣の隣の隣の芝生が青いだけなんだけど、僕はいつまでこの劣等感というか妬みというか憧れというか変身願望のようなものに振り回されるのだろうか。

 

A.青春が続く限り(?)