ベッドタウン・ボウイ

渋谷から田園都市線で20分の郊外に住む大学生日記。

占いの効用

 

しいたけさんという占い師がいて、彼がヴォーグ・ガール・オンラインで毎週月曜に更新する『しいたけ占い』というものを最近知った。バイト先の若い女性社員の方がすごく当たると言っていたので、みてみた。

 

“今の獅子座は『チャレンジすること』に絶好の機会があります。”

(ヴォーグ・ガール・オンラインの『しいたけ占い』より)

 

今週の獅子座は、挑戦することに運がついているらしい。

たしかに今週はチャレンジしたい気持ちだった。それを見透かしたのか、そもそも今週はチャレンジしたい人の星に生まれていたのか、どちらにせよ背中を押された気分だ。

 

占いに興味を持ち始めたのとは別に、縁があって高田馬場にある『預言カフェ』というところに行った。
ここでは飲み物を注文すると預言が無料でいただける。特に何かを打ち明けて『どうこうした方が良いでしょう。』なんて言われる訳ではなく、コーヒーを啜っていると突然目の前に座ってくる店員から、神の愛の言葉を拝聴するのだ。

 

僕は山田孝之似のお兄さんからポジティブの塊みたいな預言をいただいたのだが、結局ここでも『主はあなたにもっと大きなステージを任せる』と言われてしまった。

占いと預言は似て非なるものらしいが、これまた背中を押された気分になった。

 

こういったスピリチュアルな類が今のマイブーム。次は横浜中華街の手相とバイトの後輩に勧められたタロットに行くつもり。

別に未来を知りたい訳ではなく、勇気や励ましを得たい訳でもない。僕はただ純粋に占いの効用が知りたいのだ。

 

星占いなんて世界人口74億人を12星座に分けて占っている(ほんとうに大雑把だよね! )のに、どうして女性誌の後ろの方には毎月連載しているのだろうか。

タロットって素人がやっても当たるらしいけど、占われた方はそれで納得するのだろうか。

今のところは、ライトな『ふーん』のためにみんな楽しんでいるのだと捉えているけど、占いとはこのような嗜み方で良いのでしょうか。


少しチキンハートな気がするんです。得体の知らないものを信じない臆病な心はカッコ悪いなと。

この前、10年ぶりくらいに海に入ったら、底が見えない深みどり色の海が怖くなってしまい、100mくらい沖に行ってすぐ浜辺に戻ってきちゃったんですけど、これは占いを信じない心と同じだなと。

 

ほら、占いって不安になるようなことだったり不幸な未来については言わないじゃないですか。なんだかんだほとんど前向きなことだけ示していて、それなら全幅の信頼を寄せて言われた通りに行動してみるのも良いんじゃないかなと思ったりするんですよね。

 

思考停止で平和な世界~(やっぱりチキるのである。)