ベッドタウン・ボウイ

渋谷から田園都市線で20分の郊外に住む大学生日記。

ポパイっこを卒業します

 

4月から晴れて社会人となりました。ゴールデンウィークは最強ですね。 

 

こう、ライフステージが変わるというか、節目というか、とにかくタイミングがあればやらないとなあと思っていたことがあります。

それは学生時代に毎月欠かさず購入していた雑誌『POPEYE』からの卒業です。

f:id:pontapple:20180407174630j:plain

はじめて手に取ったのは部活動に明け暮れていた高校生のとき。

服のブランド名やアーティストの名前など知らない単語ばかり並ぶ内容は、自分の住む世界とあまりにもかけ離れていました。読んでも全く頭に入ってこないのですが、表紙だけは気になっていたので書店でパラパラと立ち読みをしていました。

 

本格的に『POPEYE』を読むようになったのは大学に入ってから。高校生のときと比べるとちょっぴり広い世界で、少しづつ音楽や映画に詳しい人と知り合うようになり、僕もだんだんとその色に染まっていきました。

f:id:pontapple:20180407180618j:plain

こうなってからは毎月10日が楽しみで、無印良品のファイルボックスはどんどん増えていきました。

表紙の女の子に毎年ドキドキするガールフレンド特集、こんなところがあったのかといつも驚かされる東京特集、去年はなかったけど冒険心がくすぐられる旅行特集……。ぜんぶぜんぶ大好きです!

 

だけど、そろそろポパイっこを卒業しなきゃなあと思うこともあって。

長く読んでいると、あの雑誌が定義する“シティーボーイ”とはなんだろうと考えることがあります。

はじまりは一昨年『WWD』のインタビュー記事で当時の編集長が“向上心のある男の子がシティーボーイ”と定義していたのを読んでから。ずっと『POPEYE』の読者であり続け、そこから吸収したものだけで作られる自分は、はたして“シティボーイ”なのだろうかと自問自答するようになりました。

 

ルーツに答えを求めて、学生最後の卒業旅行で創刊号特集だったアメリカ・カリフォルニアへ行ってみました。

f:id:pontapple:20180504105017j:plain

スケートパークでは小学生くらいの女の子が滑っていたり、大学に行くとちゃんと勉強をしている学生ばかりだったり。

なるほど、創刊時のスタッフはこの景色をみて『POPEYE』を作ろうと思ったのか、そしてこの人たちこそが“シティーボーイ”なのかと思いました。

f:id:pontapple:20180504114036j:plain

やらなきゃいけないことに追われている風でもなく、うわべだけを取り繕っているわけでもなく。

『自分の好きなことに夢中な人』

これが僕にとってのシティーボーイ像です。そうなれるように、まずは『ポパイで紹介していたから行ってみる、やってみる、買ってみる』をやめたいと思います。いつか、強いこだわりを持てるようなものを自分の力で見つけられたら良いなと思いながら。

 

リニューアル後からずっと『POPEYE』に携わっていた前編集長の木下孝浩さんがファーストリテイリングに転職するそうですし、僕自身、今年度からしばらく香川県で働くことになりベッドタウンボーイですらなくなるので、まあ良い機会ですよね。

 

本物の“シティーボーイ”になるため、ポパイっこを卒業します。

さよなら、ありがとう!

 

 

----------

なんとなくきりが良いので、このブログも本エントリーをもって更新を終えたいと思います。たまにアクセス数を見ているのですが、毎日たくさんの方が訪問してくださっていて、とても嬉しかったです。

3年間、本当にありがとうございました!!