読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金沢に行くなら『新竪町商店街』がオススメだということ

 

もともとの出会いはたまたまで、

そのころは旅行のキュレーションサイトがたくさんあったから、インターネット小僧の僕も、いつもはそれを頼りに現地で旅行プランを立てていたんだけど、

その時は帰りの夜行バスの都合で一日しか滞在できないことから、たくさんググって『マイベスト観光プラン』みたいなのを作る時間がなく、るるぶトラベルか町案内のフリーペーパーが欲しいなあと地元の古本屋を探して訪れたのがきっかけだった。

(ちなみに経験則だが、古書の旅行本は以前の持ち主が残した跡を見ればとりあえず行くべきだいたいの場所を知ることができるので、手に入れるとすごく楽なのだ。)

 

それで、何に出会ったのかというと『新竪町商店街』という小さな懐かしい感じの商店街なのだけれど、このブログではそれについて紹介しようと思っていて、

ググって行ったオヨヨ書林という古本屋さんがその町にあって、結局ガイドブックもフリーペーパーも見つからなかったが、

周りの、青山の骨董通りのような高円寺と阿佐ヶ谷の間のような、落ち着いているけど何かありそうな雰囲気を好きになって、一日の大半をそことそこの周りで過ごしたから、レビット博士が言っていた『ドリルを買う人が欲しいのは「穴」である』は、まさにその通りだと思ったし、結果的には大満足だった。

 

f:id:pontapple:20170422160130j:plain

『新竪町商店街』は片町という繁華街のはずれにある。

片町がどこかというと、金沢城から南東に20分ほど歩いたところにあるのだが、それはまあ金沢に行けばだいたいそこに行くことになるので、心配しなくても大丈夫だろう。

 

石川出身の友達によると東京でいう原宿のようなファッションストリートらしい『竪町商店街』を奥に進み、大きな道路を一本渡るとそこからが『新竪町商店街』だ。

『新』と付くわりにはこちらの方があきらかにさびしくて、なんだかおかしな気持ちになる。

 

商店街には古本屋のほかに、加賀野菜など全国の珍しい野菜を扱う八百屋やおしゃれな雑貨屋があり、

その中でもいちばんにオススメしたい『GARYO』という古着屋は、ニューヨークで買い付けしたというド渋な服が売られていて、僕はバックパックだったから荷物は増やせないと、じっくり選んでブルックスブラザーズのチノパンを買った。

 

f:id:pontapple:20170422194844j:plain

裾上げをしてもらっているときにこの町に行きついた経緯を話していたら、女性の店主が『そらあるき』というZINEを一冊くれて、

近くの『フェルメール』というアンティークショップに、読むガイドブックと称して金沢のガイドブックを作っているおじさんがいるから、せっかくだったら話を聞きに行ってみたらと教えてくれたので、こちらも紹介してもらった洋食屋でハントンライスを食べてから足を運んでみた。

 

ヨーロッパで仕入れをしているのだろうか、個性的なアンティークがずらりと並ぶお店に入ると『そらあるき』の編集長でもあるオーナーの塩井さんに声をかけられた。海外を周っていたときの話や奥深い能登半島の話をしてくれたあとに、店にある分だけのバックナンバーを譲ってくれた。

 

東京に帰るバスでパラパラとめくっていると、読むガイドブックというだけあり文字がびっしりと並んでいて、普通の旅行情報誌にある広さとか網羅性とはまた違う、語ることでしか案内できないだろう金沢の魅力をたくさん知ることができた。

たとえば、町の看板特集や香林坊ビッグイシューを売っている人が書くコラムなど、ただ21世紀美術館兼六園に行くだけでは楽しみ尽くせないような魅力を感じた。

 

ああ、就活がおわったら、これを持ってもう一度金沢に行きたいなあ。

POPEYEのインタビュー特集に興奮した!

 

ファッションやスポーツ、経済、グルメ、旅行、カルチャーなどなど。一口に雑誌といっても本当に多くのジャンルがあるけど、僕が好きなのはインタビュー雑誌だ。(ごめん、そんなジャンルないかも。)

SWITCHとか東京グラフィティなんかが有名どころではないでしょうか。

 

有名人でも一般人でも誰でもいいんだけど、とにかく『人の背景』を掘り下げている雑誌が好き。自分とは違う考え方や価値観を知ることは面白い。

一回自分でもやってみようと思って『あなたが旅をする理由』を聞いて回ったことがあります。インタビューって本当に難しくて、協力していただいた人たちにはすごく感謝しているけど、とても人のコアな部分を引き出して書くことはできなかった。そもそも、知らない人に声をかけるだけで精一杯だったな。

 

それで、なんでこんな前置きなのかというと、マジアツ雑誌『POPEYE』の今月号『二十歳のとき、何をしていたか? 』というインタビュー特集にちょっと興奮しているからです。

f:id:pontapple:20170219232434j:plain

クリエイターや俳優、モデル、スポーツマンなど、33名の著名人にハタチの頃を尋ねている。表紙に連なる名前に、まずはドキリ。ページをめくる前から読み応えしか感じません!

 

自分のハタチ、つまり去年の自分を振り返りながら読んでいたけど、著名人といえども大したことないなあと思ったり、逆にすごい人は昔からすごかったんだなあと思ったり。共通していたのは、みんな人生にドラマがあるんだなと。

平野紗季子さんとか朝井リョウさんとか、年が近い人の話は読んでいてやっぱり面白かったです。自分の好きなものが早いうちに見つけられたら最高だよな。

 

結構グッときたのが、19歳と10か月のときに思い立って日本一周を始めた俳優・満島真之介さんのインタビュー。

彼は自転車に乗りながら一人でハタチを迎えている。誕生日の前日までは土砂降りが続いていて心も体もボロボロだったが、その日だけは雲一つない快晴。何か報われた気持ちとその背景にある応援してくれた人たちのことが頭にたくさん浮かんできて胸がいっぱいになったという。

すごくドラマチックで憧れます。

 

実は僕もハタチの誕生日のときに自転車で一人旅をしていたから、この話はとても身近に感じた。

f:id:pontapple:20150823224907j:plain

といっても、スケールは日本一周に全然及んでなくて、記念すべきハタチの誕生日に何かしてやろうと、輪行で広島に行ってしまなみ海道を渡って四国あたりをグルグルと周っていただけ。

だからなのか彼のようなエモさは全くない自転車旅だったが、誕生日は因島で出会った気の良いお兄ちゃんたちにピザをご馳走になって、それはそれで楽しい思い出になった。大変なこともあったけど、助けてくれる人は意外といるし、人の縁は尊いなと。あとは、あのとき瀬戸内海ではなく日本を一周をしてれば僕も俳優になれたのかと思ってみたり。(そんなわけない)

 

おわりに。

もう少しコミュ力を磨いてインタビューブログに再チャレンジしたいな。

今考えているテーマは『普通の人』。世の中では一般人と呼ばれている人にだってドラマはあるはずで、それが結婚式のスピーチや飲み屋で聞く『オジサンの武勇伝』で終わってしまうのはもったいないなとたまーに感じています。モヤモヤっと考えていることだけど、誰かの魅力を引き出して、誰かに伝えて、誰かの憧れを作れないかなって。

なんかそんな感じの何かがやりたいなあ。

ことし面白かった雑誌をふたつ

 

今年も残すところあと二日。

12月からいよいよ始めた就活では『雑誌を年間200冊読んでます! 』なんて言ってみてはいるものの、面接官に『だから何! 』と返されてだんまりを決め込んでしまう僕です。

だから何なんて言われてしまえばそれまでですが、せっかくなので今年面白かった雑誌を二冊紹介しようと思います。

 

1.ケトル

まずは『ケトル  VOL.34』。12月号のEテレ特集です!

f:id:pontapple:20161230152819j:plain

僕は中学生くらいまでは熱心なテレビっ子だったのですが、高校生になり部活にアルバイトにと夢中になるものを見つけてからは(変な言い方だけど)1時間番組に自分の時間が1時間とられるのが嫌でテレビをほとんど見ていませんでした。

 

そんななか出会ったのが、ケトル12月号のEテレ特集。テレビを見ないなんて厨二チックな生活を送りながらも、たしかに『ドキュメント72時間』や『ニュースチェック11』、『プロフェッショナル 仕事の流儀』とチラチラ流し見をしていた番組はあります。

それらはすべて、いわゆる『1チャン』のNHK総合テレビですが、どうやら最近は『2チャン』のEテレNHK教育テレビ)がすごく攻めていて面白いらしい。つい、『つくってあそぼ』や『ピタゴラスイッチ』に夢中だった昔を思い出して買ってしまいました。

 

特集内容はEテレの知られざる歴史や過去の名作、注目番組の紹介。制作者・出演者へのインタビューをもとに、流し見をしているだけでは気づかなかった番組作りの情熱がほりほりと掘り下げられていたから『なるほど、Eテレ見てみよう』を連発!

 

特に読み応えがあったのは、長寿番組『きょうの料理』を取り上げた記事です。

25分で3品を紹介する料理番組にも関わらず『塩むすび』の作り方を15分もかけて解説した伝説の放送回。ふだん料理をしない僕でも1分とかからず作れるおにぎりを、なぜ15分かけて作ったのか。クックパッドでレシピを検索する今だからこそ伝えなければいけない『料理番組の使命』がそこにはあった……。

なんだか週刊誌の見出しみたいになってしまいましたが、この記事を読むためだけでもケトルの12月号は買いです。ぜったい!

 

2.Toss!

次に紹介したいのが『Toss! 』というライフスタイル誌。雑誌の紹介といいつつ、こちらは実はウェブメディア。毎週月曜日にLINEに届く縦スクロール型雑誌なのです!

f:id:pontapple:20161230183001j:image

ちょっと意味が分かりませんが僕もあまりよく分かっていません。おそらく実際に手に取っていただいた方が早いです。LINEのアプリで、その他→公式アカウント→『Toss! 』を検索→友達追加をするか、こちらを開いてみてください。すごく未来的……!

 

少し前にキュレーションメディアが大炎上して、日経では十把一絡げにネットメディア全体の信頼性が問われていましたが、最近のネットにはクソコンテンツが溢れていることも事実。少し話は逸れますが、昨夜ベッドの中で感動系CMにハマって久しぶりにYouTubeで色々探していたら、静止画にテキストだけ流れる動画が多すぎてキレてました。

 

その点、『Toss! 』はボリュームこそ5分で読めてしまうものの、キチンと作り手の熱量が感じられるウェブメディアです。しかも無料!

ちょうど先述のケトルにも少しだけ取り上げられていて、CLASSY. など遠すぎる紙メディアにもMERYのような若すぎるウェブメディアにも頼れない、ハザマ世代のアラサー女性の憧れになるメディアを目指しているそうです。

忙しいOLのクタクタ仕事終わりには5分で良いものをサクッと読める手軽さがグッドなんですね。

 

もちろん男性の僕も面白く、そしてうっとりとしながら読んでいます。しかし、それ以上にLINEが提供する新しい雑誌の読み方にワクワクしています。

たしかに、HOUYHNHNMやFeedlyで読むNYLON JAPANなど、紙の雑誌を読んでいるような宝探し感とウェブメディアならではのサクサク感を両立しているメディアはこれまでにもありました。でも、それがスマホ使用頻度1位のアプリ内で提供されていることが最高に素晴らしいのです。TwitterFacebookブイブイいわせているバイラルメディアのような感覚で雑誌が読めるのです。

 

『Toss! 』は本当にもっと話題にならないかなぁと思っています。

水面下で話題なのか、なぜだかググっても情報が全く出てこないのが惜しいところ。それでも頑張って調べたところ『Steal me! 』という似たようなメディアを見つけました。こちらもオススメです!

dマガジンの微妙さに裏切られ、ゴミ記事ばかり出すキュレーションメディアにモヤモヤが止まらず、やっぱり今日も重たい雑誌を持ち歩くのかと諦めていたときについに見つけた一縷の望み。早くPOPEYE的なイイカンジの男性向けメディアも出してほしい~~

 

まとめ

気づいたら、すごく長くなってしまいました。

2016年の面白かった雑誌を紹介する記事なのに、直近のものばかりになってしまいましたね。ごめんなさい

一応、候補として今年創刊した『MERY』やら『Maybe! 』やら、それから大好きな『POPEYE』からは3月号の仕事特集を挙げようと思いましたが、記憶は新しい方が鮮明ということで。

 

(おしまい)

ブログ名を変えました

 

クリスマスですね。

僕は内定した先輩をお祝いするという口実のいわゆる忘年会で、昨日の昼から今朝までお酒を飲んでいました。

ちなみにさっき起きました。なんていうか、4℃でもティファニーでもあげる相手がいるだけマシだと思います。今日の残り時間はnever young beach『お別れの歌』のPVに出てくる小松奈々ちゃんを見て過ごします。(ちなみに、This is 最高にかわいいビデオ。)

 

不幸自慢は尽きないので本題です。

突然ですが、ブログの名前を『パチハゲ日記』から変えました。また飽きれば変えますが当分はこちらでお願いします。

 

きっかけは偶然見つけた『ウキアシタタズ』という友達のブログ。カタカナのブログ名と『頑張れたことを頑張って書きます』という気の抜けたコンセプトにガツンと惹かれた。あとは、もともと変えようとは思っていました。

自分でも感じていたけど、『パチハゲ日記』という名前は本当に意味が分からない。

f:id:pontapple:20161225194806j:plain

一応解説をすると、ブログを開設するときにはアイコン画像を決めなければならないんですね。それで、当時メチャクチャ気に入っていたブルースウィルスと自分のコラ画像を設定したんです。次に決めるのがブログ名で、やはり当時の僕はコラ画像をとても気に入っているものですから、直感で『パチ(偽物の)ハゲ日記とかでいいんじゃね~~』と、こうなりました。

つまり、全く意味が分からないということです。そもそもブログ名に意味なんていらないかもしれませんが、意味がなくセンスもないことは最悪です。

 

あとは、言いにくいんですよね。アメトーーク! の滑舌悪い芸人にうんうんと頷く僕はサ行とイ段が言えない苦労人。『パチハゲ日記』を『パスアゲ日記』と発音してしまいます。もう、正しく言えても意味が分からないし、まず正しい発音ができないしで、最近は就活で増えた自己紹介などでブログ名を伝える度に変な空気になるんですよ。

 

それでじゃあ、どれほどセンスとクリエイティブに溢れる名前に変えたのかといえば『ベッドタウン・ボウイ』というこれまた意味不明なブログ名ですが、とりあえず現時点ではまあまあ気に入っています。

シティボーイに憧れる僕は、渋谷から田園都市線で20分のベッドタウン実家住み。真ん中の点は亡くなったというニュースで知ったデヴィッド・ボウイからいただきました。

 

よろしくお願いします。

ネット大好きマンの三連休

 

三連休が始まってから三日が経とうとしている。

三連休が始まってから三日間、1度も外に出ることはなかった。

 

行きたいところ、やりたいことはいくつかあった。

マイナスイオンがブッ出てそうな白神山地、POPEYEで紹介されていた茨城県のお弁当屋さん、大好きな『働きマン』の作者である安野モヨコさんの個展、サンドイッチとフルーツのソーダが美味しい渋谷のカフェ、昭和な香りがする世田谷線、『怒り』か『聲の形』、最悪何かのDVDを借りに近所のTSUTAYA

挙げてみればいくつかという言葉では余るほどの欲求があったはずなのに、どれもできなくてただベッドの上で72時間が過ぎ去っていった。 

よくイベントや旅行に行く写真をInstagramにアップして、『行動力があるんですぅ~』なんて言ってはみるものの、これが実態。これが本当の僕だ。

 

どうして僕の三連休はこうなった。

そもそも三連休に何を期待していた。

 

グズグズな天気が悪い、駅まで徒歩20分の家が悪い、付き合いの悪い友達が悪い。

言い訳なんていくらでもできる、だけどこれだけは言わせてほしい。

『ネットが悪い。』

悪い、悪すぎる。諸悪の根源だ。

 

僕のネットサーフィンはTwitterから始まる。朝遅くに起きてTLを巡回しながらポエムと1コマ漫画を流し見。面白そうなネットメディアの記事があればクリップする。TLが長くなければ更新を知らせるツイートから個人ブログに飛び、気に入ると過去記事を漁ってしまう。その後InstagramFeedlyをサクッとチェックして、午後は今年から始めたnoteとはてなのホットエントリをじっくり読む。たまにMixChannelも見てる、(可能であれば共学の)高校生になりたいと思いながら。

若者のSNS疲れなんてクソくらえ!!

 

うすうす感じていたけど僕はネット中毒なのかもしれない。

テレビ番組より新聞より雑誌より(雑誌は面白いのがたくさんあるけど)、ネットの方が面白い。『手軽で規模の小さいコンテンツだけ食べているとスケールの小さい人間になるゾ』なんて言われることもあるけど、それでもネットが好きだ。

テレビも見ない、新聞も読まない、雑誌も……いや雑誌は読むけど! 雑誌はネットと同じくらい好きだ!!

 

何の話をしてたのか忘れちゃったけど、とはいえ、くそぅ三連休を無駄にしたぁ~~。

『大学生の時間は一生戻ってこないから目一杯に楽しめよ! 』とか言われるたびに僕の心はチクリとしてしまう、というお話でした。

おしっこから台湾の臭いがした。

 

バイトの帰りに丸の内にある丸善のトイレでオシッコをしていたら、小便器からムワリと香ばしい臭いがした。

そういえば、これは台湾の臭いだ。

 

台湾には先週行ったばかり。

特別やりたいことがあったわけではなく、安いゲストハウスに泊まりながら台北近郊をブラブラしていただけ。

つまり大した記憶もないのだけれど、せっかくオシッコで一週間前を思い出したのだから、少しだけ書いておくことにする。

 

あるようでない思い出は、一応二つある。

一つは九份。『千と千尋の神隠し』の世界観を満喫できるといわれているように、ノスタルジックな街並みを楽しむことができた。

昼過ぎから行ったんだけど、やっぱり提灯に明かりがともる夕暮れからが本番。

f:id:pontapple:20160905212653j:plain

いつハクや湯婆婆、豚の姿に変えられてしまったお父さんとお母さんが出てくるのかドキドキ。

いや、本当は帰りのバスで可愛い女の子と仲良くなったからドキドキ。残念ながら行きずりの恋はなかったけど、その後夜市に行く約束もできて本当にハッピーだった。

 

それからもう一つは、ご飯かな。

f:id:pontapple:20160905220110j:plain

台湾は本当に

f:id:pontapple:20160905220329j:plain

何を食べても

f:id:pontapple:20160905221016j:plain

何を飲んでも

f:id:pontapple:20160905220502j:plain

美味しい!

小籠包は毎日食べていたし、臭豆腐はモップみたいなワンコの臭いがするだけで全然イケる味だし、甘いものはたくさんあるからたくさん休憩しちゃうし、お茶は種類がありすぎて無限の楽しみ方があった。

もう、とりあえずチェーン店でも夜市でも、入ったところで『招牌(オススメ)』を注文すれば間違いない。

 

と、ここまで薄っすいカッスカスの思い出を述べましたが、言いたいことは一つだけ。

『ニンニクやニラなどの臭いが強いものを食べると、オシッコは香ばしくなるそうです。』

旅祭2016でインタビュー! 『Youはどうして旅に出た? 』

 

最近の悩みは『なんで旅行してるんだっけ』ということ。

厨二病のようだが割とシリアスな問題で、今まで色々な場所に出掛けているけどそれって本当に楽しかったんだっけ、お金のかかる趣味だけど見合ってるんだっけと考え始めてしまった。

振り返ると観光スポットの寺とか景色を眺めていてもあまりテンションは上がってないし、それより東京で穴場なグルメを見つけてる方が楽しいなと。

とはいえ、この夏もほぼ惰性で旅行の計画を立ててしまったから、これは良くないなと。

このまま旅行に行くとモヤモヤで楽しめない気がした。

 

分からないことは人に聞くのがイチバン。

『旅祭2016』という野外フェスに参加して多くの旅好きに出会うことができたので、『あなたが旅をする理由』を聞いてみた。

 

今回は、そんな感じのインタビュー記事です!

みなさん、ご協力ありがとうございました!

 

Q.あなたが旅をする理由

f:id:pontapple:20160812083542j:plain

 ダイスケさん(大学生)

・ムダだから

現在、ヒッチハイクとキックボードで日本一周中! 行きたい場所がある訳ではなく、たくさんの人に会いたいから日本を一周している。

意味がないからこそ旅をする。受験や部活とは真逆の、目的のないことをたくさん経験したい。点と点がいつか線になるはず。

 

f:id:pontapple:20160812084455j:plain

ユカリさん(事務職)

・価値観を共有したい

旅をすると文化の違いを感じることができる。あと、自分が外国人として扱われることが好き。

 

f:id:pontapple:20160812084812j:plain

ショウコさん(中高一貫校教諭)/サトコさん(高校教諭)

・知らないことを知るため(ショウコさん)

授業で生徒に勉強を教えていると、いつの間にか何でも知った気になってしまう。旅に出ることで、まだ知らないことがたくさんあると確認できる。

・自然を感じたいから(サトコさん)

10代のときは観光地を巡るだけでも楽しかったが、20代になって発展しているモノに飽きてしまった。自然のなかでぼーっとしているだけで満足するようになった。年齢を重ねるごとに旅の楽しみが変わるから、これからが楽しみ!

 

f:id:pontapple:20160812085328j:plain

マナエさん(看護師)

・見たことないものが見たい

SNSで旅行の写真をよく見るけど、直接見たほうが絶対に感動する。旅をする過程が大事。行動してみないと分からないことがたくさんある!

 

f:id:pontapple:20160812085644j:plain

ツヨシさん(建設業)

戸井十月さんに憧れて

テレビで戸井十月さんを特集している番組を観て旅がしたいと思った。今一番行きたいのはヨーロッパ。

 

f:id:pontapple:20160812085731j:plain

アライさん(会社員)

・友達がたくさんできるから

東日本大震災で『いつ死ぬかわからない』と感じたことをきっかけに、勤めていた広告代理店を辞めて世界一周旅行をした。普通に暮らしていたら出会えない、幅広い年齢・国籍の人と友達になることができた。同じ目的を持っている人と知り合えることが旅の醍醐味。

長い期間日本を離れていると帰りたくなることもあったが、その度にモチベーションを得ることができた。決めたことだから最後までやり通したかった。